村上水軍3家系当主が結集 約400年の時を経て、歴史的和解

話題


村上水軍:3家系当主、約400年ぶり結集 確執水に流す

http://mainichi.jp/select/news/20140427k0000e040107000c.html

「村上海賊の娘」で今年の本屋大賞に輝いた作家、
和田竜(りょう)さんの講演会が26日、小説の舞台に近い愛媛県今治市であり、
村上水軍主要3家系の当主が約400年ぶりに集まってがっちり握手した。

村上水軍は本拠地ごとに「能島」「因島」「来島」に分かれ、
現在の当主は山口、東京、大阪に居住。
講演会を機に主催の今治市村上水軍博物館などが結集を企画した。

中世から戦国に勢力を競った3家だが、和田さんから「確執は?」と問われると、
全員が「会えて幸せです」。海賊の子孫らしく、水に流していた。【松倉展人】

34: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:13:53.99 ID:C0JgYnB60.net

文献史料上、最も古い記録は1349年(南朝:正平4年、北朝:貞和5年)のもので、能島村上氏が東寺領の弓削庄付近で
海上警護を請け負っていたという。南北朝時代には、因島、弓削島などを中心に瀬戸内海の制海権を握っており、海上
に関を設定して通行料を徴収したり、水先案内人の派遣や海上警護請負などを行っていた。

戦国期には因島村上氏が毛利氏に臣従した。来島村上氏は河野氏に臣従し、村上通康は越智姓を名乗ることを許された。
能島村上氏は河野氏と友好関係を持っていたが、臣従はしなかった。その後は中国地方に勢力を張る毛利水軍の一翼を
担い、1555年(弘治元年)の厳島の戦い、1561年(永禄4年)の豊前簑島合戦、1567年(永禄10年)からの毛利氏の伊予
出兵、1576年(天正4年)の第一次木津川口の戦いなどが知られている。

36: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:16:12.24 ID:C0JgYnB60.net
来島村上氏は早くから豊臣秀吉についたため独立大名とされ、他の二家は能島村上氏が小早川氏、因島村上氏は毛利氏
の家臣となった。1588年(天正16年)年に豊臣秀吉が海賊停止令を出すと、村上水軍は従来のような活動が不可能とな
り、海賊衆としての活動から撤退を余儀なくされる。因島村上氏はそのまま毛利家の家臣となり、江戸期には長州藩の
船手組となって周防国三田尻を根拠地とした。能島村上氏は毛利家から周防大島を与えられて臣従し、江戸期には因島
村上氏とともに長州藩船手組となった。来島村上氏は江戸期に豊後国の玖珠郡に転封され、完全に海から遠ざけられた
(森藩)。

 

15: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 09:47:02.79 ID:C0JgYnB60.net
村上水軍は、日本中世の瀬戸内海で活動した水軍(海賊衆)である。その勢力拠点は芸予諸島を中心とした海域
であり、後に大まかに能島村上家、来島村上家、因島村上家の三家へ分かれた。
彼らの多くは真言宗徒であり、京都などに数多く菩提寺が残されている。また、今も瀬戸内周辺地域には村上水軍
の末裔が多く住む。主な活動は航行船の破壊、略奪、信書の開封破棄等を通じた同盟関係の分断である。20世紀
まで瀬戸内海で見られた漂海民も、村上水軍の末裔ではないかといわれている。代表的な表紋は「丸に上文字」
や「折敷に縮み三文字」など。
これら三つの村上家の起源ははっきりしないが、もともとは一つの家であったという。その起源として最も有力
とされるのが、『尊卑分脈』に記された、河内源氏の庶流信濃村上氏を起源とする説である。平安時代に活躍
した村上為国の弟・定国が保元の乱後に淡路島を経由して塩飽諸島に居を構え、平治の乱後の永暦元年(1160)に
越智大島に居を移し、伊予村上氏の祖となったとされる。

 

84: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 11:30:42.30 ID:Vn0Dd8ji0.net
>>1
「確執」って表現すれば格調高い気もするが
ただの「エゴ」の押し付け合いなんだろうなぁ・・・

 

3: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 09:33:31.98 ID:JnCoLC7LO.net
山口、東京、大阪って見事に別れたな

 

6: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 09:36:19.92 ID:JyJ34men0.net
400年前に何があったのか知らないが、子孫が今でもいるんだな。

 

22: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 09:53:08.53 ID:wWegFiCR0.net

俺の地元だ
小学校から高校までクラスメイトに村上がいなかったことは一度もない

>>7
大島(旧吉海町)の出身だけど、水軍の子孫なのに船酔いするヘタレw

>>6
来島姓の元クラスメイトが言ってたが
本物(本家)の水軍の子孫は「能島」「因島」「来島」の3氏だけらしい
ホントかどうかは知らん

 

51: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:42:01.29 ID:/yL9c31g0.net
>>22
こんなところで同郷の人がいるとは
高校は村上姓あまりいなかったけど小・中はクラスの1/3~1/4は村上だったわ

 

58: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:49:33.30 ID:IIPr0KlD0.net
>>22
山口県の来島姓も村上水軍の末裔かね?
祖母の実家が下関で来島という名字なんだが

 

91: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 11:43:49.94 ID:L6F0f3Ek0.net

>>58
村上水軍は毛利家と関係が深いから、十分有り得る話だな。

家は父方が因島出身で昔は村上水軍。
柏原姓だが、因島には結構いる。
九鬼水軍の末裔の親戚もいる。戦国時代には本願寺側と織田側に分かれて戦ってた。

 

18: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 09:50:24.89 ID:E39MYyzm0.net
当事者は確執やプライドがあってなかなか言えなかっただろうが、こうして子孫の時代で仲良くするのは、寧ろ先祖が望んでいたかもしれんな。

 

25: 雲黒斎 2014/04/27(日) 10:03:58.45 ID:u0+LG/RWA
今治も因島も来島も造船の町だよな。日本の企業の来歴辿ると感心するわ。

 

28: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:06:16.93 ID:MrXXp6PV0.net
中世以降日本の貿易は海賊が担った
イギリスの初代王は海賊の末裔

 

29: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:06:27.45 ID:3vdryjpa0.net
戦国日本唯一の海兵機動旅団か

 

49: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:40:20.72 ID:aCO/N1P1O.net
村上水軍ではないが小豆島にも水軍衆の末裔は多いんだよな
そして木下姓も多い
その由来は早くから豊臣方に従い、その功で秀吉公から木下姓を賜ったとか

 

143: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 15:47:01.39 ID:GZ8x39+NO.net
>>49
美空…もとい小豆島の海賊と言えば南北朝時代に南朝方で活躍した佐々木なんとかという豪族がいた。
淡路島とか周辺の武装集団と組んで瀬戸内海における北朝方の海運を襲っていた。
怒った北朝方に大軍で押し寄せられ敗走…も後でちゃっかり取り立てられたとかなんとか。

 

57: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:47:56.52 ID:XUYmn8Fp0.net
伊予の水軍を軽く見てる人が多いが
元寇の際、蒙古狩のハイスコアラーは彼ら。

 

61: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:51:57.94 ID:vVvD0y8rO.net
日露戦争で大活躍した秋山兄弟も村上水軍の末裔だったはず

 

104: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 12:00:06.94 ID:KCiubPC70.net
代々島に住んでたなら一族皆似た顔になって
他の地域でも「~の~さんの身内の方?」って聞かれたりするんだろうな

 

107: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 12:03:36.09 ID:sK9gBryV0.net
>>104
確かに島は、そういうところがある
島民同士での婚姻が当たり前だから
小さな島なら住民全員が何らかの親族関係にあるとか
よそから来た嫁さんとかは、悪い血だとか蔑まれたとか

 

112: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 12:12:16.14 ID:KCiubPC70.net
>>107
親が島の出身だけど
島出た人にも同じ島の出身者との見合いが持ち込まれたりしたとは聞いたことがある

 

117: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 12:17:32.67 ID:sK9gBryV0.net
>>112
まあ、いまでは>>106で書かれたようなことが残っている島は稀だろ
俺の知っている島の話は、あくまで知り合いの老人に聞いた話だから
あの婆さんの若いころは、>>106で書いたようなことが当たり前にあったって話だ

 

118: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 12:25:53.41 ID:KCiubPC70.net
>>117
でもまあ島民同士の結婚はまだ多いだろうし
島の住人は大体親戚とかなのはこの先も変わらんだろうな

引用元:【社会】村上水軍3家系当主、約400年ぶり結集 確執水に流す